盛和塾機関誌マラソン日記始めました


6月30日(金)本日より盛和塾生3人で行っている機関誌マラソンのブログをスタートします。

機関誌マラソンとは稲盛和夫氏が塾長を務める『盛和塾』が毎月発行している機関誌を毎週1冊読んで感想のレポートを提出し合う勉強会の事です。

1年前から先輩塾生2人が始められ今年の1月から私が参加させて頂く事になりました。

第1号からスタートし私は今年の1月53号から参加。

今週85号を提出したところです。毎週機関誌を読んで感想を提出し合うだけの会なのですが、お陰様で私自身この半年で心の変化が現れてきました。

丁度来週から下半期に突入しますので、ここで私が半年前にスタートした時の自身の感想をブログにアップする事でアウトプット&反省(戒め)をするといった想いで

ブログを始めてみようと思いました。

以下今年の1月5日機関誌53号の感想文です。

 

テーマ:判断の基準をどこに置くか

新年あけましておめでとうございます。

本年より参加させて頂きます。弊社の経営理念は①私たちは、全従業員の物心両面の幸福を追求します。②私たちは、知足利他の精神を常に持ち、仕事を通じて人間的に成長、自立できる環境を構築します。③私たちは、一人一人が経営者の考えを持ち、企業価値を高め社会に貢献いたします。と掲げ4期目に突入しいま改めてこのテーマに強烈に響いております。昨年は特に社内の人間関係に悩んだ一年でした。やはり自分自身の軸がブレていたという事に尽きます。今年はアウトプットをテーマにして行く考えです。自分自身でインプットしてきたことをすぐにアウトプットをする癖付けをして行きます。それが一番のインプットだと思いますのでアウトプットする環境をどんどん作っていきます。そんな中で今回の機関誌マラソンのお誘いは最高のアウトプットの場と思っております。ご縁に感謝です。あの日あの時稲盛和夫氏での山形さんのお話にも大変親近感がわきます。また昨年私の父も80歳で胃がんになり胃を全摘しました。塾長も全摘していたのですね。超人です。まだまだ努力が足りません。今年はもう一つ掲げた目標として私のいつもの悪い癖が気負いすぎるところです。今年は決めたことを一つずつ階段を上るようにコツコツやるという目標を掲げました。

機関誌53号はどのようなことが書かれているのか今後はその辺も解説しながら

自身の決意を赤裸々に語っていけたらと思っております。

 

 

投稿者: kimu1113

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です