有意注意と向き合い方


61号今週も読みごたえがありました。今号の気づきは

有意注意、向き合い方、受け止め方です。

1月よりこの機関紙マラソンに参加させていただき、何より自分自身の薄汚い何かが日々剥がれ浄化されている感がございます。

ジョギングのマラソンは筋力アップや代謝が上がる健康に良いなどの効果がありますが、この機関紙マラソンの一番の効果は心の浄化、純化に尽きます。必ず読むと強烈に反省します。

日々反省する習慣などない私が少なくとも木曜日に感想を提出するために、私の場合日曜日の夜、月曜日~水曜日の朝6時~7時30分、残りを水曜の夜を機関誌タイムにしていますので、週4日は嫌でも反省する。反省によって知らず知らずのうちに心の浄化が行われていると思うと大変有意義な時間を過ごしている気持ちになります。

改めて誘って頂いたお二人に感謝です。

しかも回を重ねるごとに読み方も変わってきました。今回腑に落ちたこととして、『なるほど』程度の読み方では何の効果もない。読んでる本人はそれでも真剣に読んでいるつもりなので、それすら気付かない。

盛和塾に入ったことで会社の業績が上がる会社と上がらない会社どちらになりたいか?と言えば上がる会社になりたいと思う。しかし上がらない。

なぜ?

受け止め方、自社や自分事に置き換えて『私が今やるべきことは?』と自問自答してそれを行動に移す。

効果測定をする。また改善する。とにかく思いが深まれば深まるほどやることが見えてくる。

見えないのはそこまで思っていないからという具合に塾長の一言一言の深さが少しわかってきたような感じです。

ですので、今まではふむふむと読んでいただけですが、今は読んでる途中にひらめいたり、反省してその反省をメモしたりで読むスピードが遅くなりなかなか前に進まない時があります。

一日一日一瞬一瞬を大事にするようになりました。

社員を幸せにするため、お客様を幸せにする為、関わっていただいた関係者様を幸せにするため、どんどんレベルアップをしていきます。

心の構造を理解することで、自分の今の気づきはどのレベルなのか?思いの質は大丈夫か?軽くないか?そんな問いをしながら向きあっていきたいと思いました。

 

投稿者: kimu1113

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です